So-net無料ブログ作成

オーディオ Power AMPの製作 その4の続き 配線編 [オーディオ]

少々、間があいてしまったが いよいよ最終回 配線編である。
全体像としては、このようにしている。
DSCN2908.JPG
背面視(というよりお腹側)、写真の上側が前面に当たる。
中央下側の茶色い基板は保護回路+電源ON時のMute回路である。
右側から信号を回し、VRを通過してから各AMPに入力する。
パワー系は赤・青線で配線(0.7㎜2)を使用←ちょっと太すぎ!(笑)

DSCN2910.JPG
ACはインレットフィルターを介していれている。ACインレットフィルター
は音質に影響あるなしが色々とあるようだが、外来のコモンモードの
ノイズには効果があると思うので採用した。また、今回はトロイダルトランス
を使用したこともあり、ACリレーを使ってインラッシュアブソーバを
構成している。

DSCN2913.JPG
アンプ部であるが、今回OP-AMPを使ったこともあり非常にシンプル
である。簡易型レギュレータを基板上に構成している。フィルターコンデンサ
には手持ちのOSコンでちょっとリッチにしてみた。

DSCN2914.JPG

最後に調整中の風景。
ここで、今回の製作内で起きたトラブルを挙げておく。

①発振現象
 ・出力段をパワトラ3パラ化しストレー容量も多いこともあり
  いわゆる寄生発振が発生した。
  ドライバTrの電流値は出力段の負荷を考慮してA級動作するように
  設定しているが、微妙なところにあったようだ。
  そこで、20%程度多めの電流値とし、且つ ダンピング抵抗を
  挿入することで対処した。

②ハムノイズ
 ・組み立て構成でトランス直下にAMP基板を配置した。
  最初から嫌な予感がしていたが、、、案の定 ハムノイズが
  発生した。
  ヘッドホンの入力端子に数ターン撒いたコイルを接続して
  トランスの周りを聴いてみると、トランス直下、巻き線の引き出し
  部などでフラックが盛大にでていることが分かる。
  仕方ないので、トランス直下に厚さ1.2㎜の珪素鋼板を丸く切り出して
  敷いている。この効果は絶大で残留ハムはほぼ皆無となった。

久しぶりの大型A級AMPで作るのも、対策も苦労が多かったが
音質は満足できるものとなった。
ただ、、、夏真っ盛りで A級アンプを聴くのは厳しいね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。